転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職エージェントの仕組みとは

転職エージェントの仕組みとは?

転職エージェントに登録すれば、
CA(キャリアアドバイザー)と呼ばれる方が、
希望に合わせた転職先企業の紹介、面接のアドバイス、
企業に提出する書類(履歴書や職務経歴書)の書き方など
転職活動のサポートしてくれます。
そこには一切利用料金はかからず、無料で様々なサービスを提供してくれます。

それでは何故無料でそうした事を行なってくれるのでしょうか。

「後から何か請求されるのではないか?」
「何か裏があるのではないか?」
「お金を払わないと良い企業を紹介してくれないのではないか?」
など不安に感じることもあると思います。
でも安心して下さい。利用者がお金を支払う事はありえません。

転職エージェントは、正式には「有料職業紹介事業者」といって、
利用者からお金をもらうのではなく、
企業からお金をもらうビジネスモデルになっていきます。

具体的には、2つのケースがあり、
●転職希望者を紹介して採用が決まれば、
その方の年収の30%~35%を紹介手数料という形でもらう
●転職エージェントに求人を掲載すると月額の固定費が発生する
です。

特に現在は紹介手数料のケースが多く、
利用者を転職させないと売上げが立たず、必死にあなたを転職させようとします。
つまり、転職エージェント側から見れば、利用者は商品ということになりますので、
無料で様々なサービスを提供し、何とか転職させようとするのです。

ここでポイントなるのは、利用者は商品ということですので、
出来るだけ魅力的な利用者を抱えようとします。

ここで言う、魅力というのは特別なスキルや経験、
コミニュケーション能力のことです。

やはり、利用者にとってみれば無料ですが、
企業や転職エージェント側からみればビジネスです。
企業とすれば高い手数料がかかりますので、
自分の会社の風土にあった優秀な人材を紹介してほしいですし、
転職エージェントも優秀な人材を抱えなければ、
売上げがたちませんので、商売になりません。

逆に言うと、何の職歴もスキルもない方は、
転職エージェントは何の魅力も感じず、
本気でサポートしようとは思わないと思います。
しかし、それはビジネスである以上仕方はありません。

だったら、職歴も浅く、特別なスキルも経験も資格もない方は、
利用する意味がないのかと言えば、あながちそうとも言えないと思います。

そもそも転職というのは、
企業側からみれば、即戦力という形で採用をしますので、
職歴の浅い方は、転職活動が不利になります。

しかし、中にはスキルや経験はそんなになくても良いので、
しっかりとコミニュケーションを取れる方がほしいという要望もあります。

経験やスキルがなくても、そうした事をアピールできれば、
転職できる可能性もありますので、情報をとりに行くという意味でも、
転職エージェントに登録する価値はあります。

とにかくここでは、転職エージェントは
無料で利用できると覚えておけば良いでしょう。

次のページ転職エージェントの種類

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある