転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職エージェントと転職サイトの違いを良く理解していない方がいるようなので、
ここのページを使いそれぞれの違いを整理したいと思います。

転職エージェントと転職サイトの違いは、
●転職エージェント
求人だけではなくCAというアドバイザーが転職活動のサポートをしてくれる
●転職サイト
求人情報を掲載されているだけで、全て自分で応募して転職活動する

たったこれだけの違いです。
大手の転職サービスは、転職エージェントも転職サイトも運営しておりますので、
ごっちゃになる事がありますが、基本的には違ったサービスと言えます。

そこで皆さんが知りたいのは求人の違いや
どちらが転職しやすいという事ではないのでしょうか。

まず求人の違いに関しては、両方出している企業もありますし、
片方だけに出している企業もあります。数としては転職サイトの方が良いと思います。

ただ、転職エージェントの方がコストがかかることから、
どちらかというと、より良い人材を絶対に確保したいという企業が多いので、
採用の条件は厳しいような気がします。
それも企業によって異なり、一概には言えません。

(転職サイトは様々な方が応募してきて、そこから篩にかけなければ行けないというコストもかかりますから、
どちらのコストが高いとは一概には言えない)

次にどちらが転職しやすいのかというと、
これもケースバイケースです。
例えば、転職エージェントを利用した方が、
面接まで辿り付きやすいですが、採用となると
それなりの経歴やスキルが必要です

対して転職サイトから自分で応募した場合、
面接までいくのは大変ですが、
面接までいけたら、転職エージェントよりは採用の可能性が高くなるかも知れません。
何故なら、転職エージェントは、
採用した方の年収の20%~30%の報酬を企業から受け取るという契約ですので、
できるだけコストを削減するために
転職エージェント以外の応募者を採用する確率が高いと思います。
もちろん、それはあくまでも転職エージェントと転職サイトの応募者の質が同じと仮定してです。
その辺については、転職エージェントは転職しやすいの?
詳しくお話しております。

しかし、こうしたお話ははっきり言って無意味です。
転職活動のポイントは、あらゆる媒体や機関を利用することです。
それぞれにしかない特徴や求人があり、
どれかに絞る必要性はありません。

誤解を招く表現になるかも知れませんが、
転職活動の方法や仮定はどうでも良くて、最終的に転職できれば良いのです。
そのことは忘れずにいてください。

どちらかに絞って転職活動をしたい場合は?

基本は転職エージェントか転職サイトにかに絞る必要はなく両方上手に活用すれば良いのですが、
色々利用するのではなく、まずは一つに絞って転職活動したい方もいると思います。

まずどちらを利用するか決めるとすれば、管理人は転職エージェントをお勧めします。
それは別にこのサイトは転職エージェントのサイトだからというわけではありません。

単純に考えるなら転職サイトの方が数は申込み出来ますが、
転職活動をしていると必ず壁にぶつかります。

よっぽど条件を低くするか、どの企業も欲しがりそうな経験や実績がある方は別としても、
大抵の人は中々転職できず挫折しそうになり苦しい時期が続きます。

そんな時、転職エージェントのようにCAが客観的にサポートしてくれれば、
何故転職できないのか、どうすれば転職できるようになるのかアドバイスをしてもらえます。

対して転職サイトを利用して一人で転職活動していても
何処が悪いので自分では気づけず悩み苦しんでしまう傾向にあります。

ですからまずは、転職エージェントを利用して、
転職活動のコツみたいなものやポイントを掴んでから
転職サイトを利用しても遅くはありません。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある