転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>非公開求人の本当のところ

非公開求人の本当のところ

非公開求人とはその名の通り、一般には公開されていない求人のこと。

非公開というくらいですから、もしかしたら掘り出し物の
良い条件の求人があるのではないか期待しています。

どのような求人なのかは転職エージェントに登録して、
キャリアアドバイザー(CA)から提案してもらわなければわかりません。

そこで、このページでは転職エージェントの非公開求人はどのようなもので、
何故非公開にしているかなどを詳しく紹介していきます。

何故、非公開求人にしているのか?

非公開求人にしているのにはいくつかの理由があります。
どのようなケースが非公開になるのか特徴をまとめてみました。

登録者にばれないため

転職エージェントの収入源の多くは紹介料ですので、
求人を大々的に公開して、勝手に応募して勝手に採用されれば、
売上が上がらず、ビジネスが成り立ちません。
ですから、公開している求人は月額固定費で貰っているケースが多く、
非公開は紹介料の求人が多いのです。

同業他社にばれないため

ここで言う同業他社というのは、採用する企業ではなく、
転職エージェントということです。

転職エージェントで求人を取ってくる営業さんは、
基本他社の求人を見て、電話をかけて営業しますので、
大々的に公開したくないのです。

転職エージェントにとって見れば、ライバルが少ない方が
採用される確率が高くなりますので出来れば求人を見せたくありません。

採用の効率化を図るため

大々的に求人を募集すると、こちらが意図しない方の募集が増え、
それに対して対応するのは手間もコストもかかります。

そこで非公開にすることで、予め採用する企業が求めている人材だけ応募してもらい、
採用の効率化を図る目的もあります。

登録者をコントロールしやすいため

転職エージェントが入社させたい企業と
登録者が入社したい企業が同じとは限りません。
当サイトで何度も言っているように、CAはあなただけではなく、
自分達にとっても条件の良い企業に紹介しようとする傾向にあります。

求人を非公開にすることで、CA側から様々な企業を提案できますが、
公開すると転職エージェントにとって、そんなにおいしくない
企業に応募されるケースもあります。
ですから、非公開にした方が、転職エージェントにとっても都合が良いのです。

極秘プロジェクトや役員クラスの求人をもとめているケース

そこまで多いわけではありませんが、
冒頭でお話したように他社に知られたく極秘プロジェクトの求人募集、
役員クラスの管理者を募集などのために非公開にしている事があります。

これらのような求人は本当に極一部の特殊な方しか当てはまらないですから、
普通の方が紹介される事はほとんどないと思います。

非公開求人のメリット・デメリット

非公開求人の特徴をお話しましたが、
転職エージェント登録者にとってどのようなメリットやデメリットがあるのか紹介いたします。

非公開求人のメリット

非公開求人の最大のメリットは、有名企業の好条件の求人があるということです。

非公開にすると言う事は、好条件ではありますが、その分専門的なスキルや経験が必要なため、
登録者とのマッチング度を高めたい側面もあります。

そのため、スキルの高い人はより良い条件で転職できる可能性が高まります。

また、非公開求人は人気な事が多く、
担当CAもこの人なら大丈夫だと自信を持って提案してくるので、
書類審査が通れば内定をもらえる可能性は高まります。

非公開求人のデメリット

非公開求人のデメリットは、高いスキルと経験が求められるため、
そもそも紹介もしてもらえないし、応募することもできない可能性があります。

なので、経験が少なかったり、スキル不足の人には特別メリットになることはありません。

また、一概に非公開求人といっても中には他の転職エージェントでは普通に公開されているものや、
転職サイトに掲載されているものもあるので、
その場合は応募者が多く、採用されるのが難しいケースもあります。

非公開求人のまとめ

非公開求人には様々な要素があるので、絶対に良いとは言えません。
結局のところ、良い転職エージェントに登録して良いCAに担当してもらえるのかが勝負です。

そこが上手く行けば、公開や非公開関係なく、
自分の条件にあった企業に採用される可能性が高まります。
ですから、まずは3社くらいの転職エージェントに登録して自分にあったCAを見つけて下さい。

非公開求人が豊富なおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

非公開求人数が最も多い、最大手の転職エージェントです。 リクルートエージェントで自分の条件に合う求人が見つからなければ、他で探すのが難しいといえるくらい求人が多い転職エージェントですので、転職したいなら登録は必須でしょう。 また、専門的な知識を持った質の高いCAも多く、希望の求人を見つけてくれる可能性も高いと思います。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約10,000 約100,000 全国 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~40代 IT・メーカー・外資・不動産・商社など 営業・エンジニア・事務・経理・マーケティングなど
マイナビエージェント

求人数はリクルートエージェントに劣りますが、マイナビエージェントの最大の特徴はCAの質がとにかく高い事です。 そのため、転職実績も高く、年収のUP率もとにかく高いです。 親身になって転職の相談に乗ってくれるCAを探すならマイナビエージェントはオススメです。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約6,700 約27,000 全国(関東・関西中心) 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・通信・メーカー系 IT・経営企画管理・営業・機械・電気・MR
type転職エージェント

関東のみの求人なのでそこまで数は多くありませんが、type転職エージェントは経験が浅い人でも対応してくれる転職エージェントです。ですから、社会人経験が浅い人で転職できるのか不安な人は一度登録して相談してみて下さい。 もちろん、経験が豊富な人もおすすめです。実際に経験問わず、年収UP率や転職実績も高く、リクルートやマイナビ引けを取りません。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約7,000 約30,000 関東 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・製造・医療 営業・経理・人事・デザイナーなど

次のページ求人サイトやハローワークは必要?

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能