転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サイトと転職エージェントを理解する

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントと転職サイトどちらを利用して転職活動するのか迷っている人もいます。

まずは転職エージェントと転職サイトの違いを理解して
自分に合った方で転職活動を続けて下さい。
もちろん、両方を活用しながら転職活動をするのもありです。
利用できるものは全て利用して自分の条件に最もあった企業に転職するのが賢い方法です。

しかし、どの媒体を中心に転職活動をするのか決めた方が効率が良いので、
その意味でも両者の違いを把握することは大切です。

転職サイトと転職エージェントを違いは何?

つまり、転職エージェントと転職サイトの違いは、
全ての自分だけで転職活動するのか、
キャリアアドバイザーにコンサルしてもらいながら転職活動するのかの違いです。

サービス内容の違いもまとめてみました。

転職エージェント 転職サイト
担当者 専任のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート 付かないので全て自分で転職活動をする
求人数 転職サイトにはない非公開求人も多い 大量にある
内定率 サポートを受けながら厳選した企業に応募するので内定率は高い 書類審査で落ちる事も多く内定率が引く
企業との折衝 面接の日程、入社希望、労働条件など全て交渉してくれる 全て自分で行う
サポート 面接指導、履歴書・職務経歴書の書き方指導など なし

このサービス内容を比較してもらえればわかるように
転職エージェントを利用するのがかなりのメリットだとわかると思います。

もちろん、転職エージェントのこれらのサービスは完全無料で利用できるので、
転職エージェントを利用しない手はないと思います。

転職サイトのメリットとデメリット

転職エージェント中心に転職活動するにせよ、
いずれ転職サイトを利用する可能性があるので、
その時のためにメリットとデメリットを把握して下さい。

転職サイトのメリット

好きな企業に応募できる

転職エージェントはキャリアアドバイザーが厳選した求人を提案して応募しますが、
転職サイトは自分の好きな企業に応募することが可能です。

また、求人数も多いので現状どういった求人があって、
応募条件はどうなのかなど様々な情報を収集することが出来ます。

転職活動にスピード感が出る

転職サイトを利用する場合は、全て自分で行うため、
自分次第でスピーディーに転職することも出来ます。

極端に言えば、今週応募して今週内定をもらえる可能性だってあります。

24時間応募が可能

転職サイトは隙間時間を見つけて24時間いつでも応募する事が可能です。
また、メールでの連絡なので、仕事をしながら転職活動をする人はとても便利です。

転職サイトのデメリット

内定率が下がる

よっぽど優秀な経歴があれば別ですが、
好きな企業に複数応募する転職サイトは書類審査で落とされるケースが多く、
内定率が下がると思います。

また、内定率が下がるという事はそれだけ沢山応募しなければいけませんから、
精神的にも大変です。

何故採用されないのか把握できない

転職エージェントは不採用になった理由を担当者から聞きだし、
今後の転職活動にフィードバックできます。

例えば、「自分の職歴から考えて希望が高すぎるのか」
「面接で自分の魅力が伝わっていないのか」 など色々理由があり、そこを改善したり考慮したりしていけば、
徐々に内定をもらえる可能性が高まっていきます。

しかし、転職サイトは理由がわからず、とにかく数をうちまくるだけになるので、
内定率を高める事が出来ないのです。

企業とのやり取りを全て自分で行う

転職サイトは、面接日の調整、労働条件、入社日、履歴書や職務経歴書の送付など
全ての自分でやらなければいけないため面倒です。

特に仕事をしながら対応する人が多いので、
余計に気を使い手間もかかります。

応募する企業の情報不足

内定を勝ち取るためには応募する企業の情報はとても大切ですが、
一人で転職活動をしていると得られる情報は知れています。

対して転職エージェントはその企業との繋がりがあり、
どのような人材を求めているのか?その企業の風土はどうなのか?
など多くの情報があります。

転職エージェントのメリットとデメリット

当サイトではサポートが充実している転職エージェントをオススメしていますが
メリットもあると同時にデメリットもあります。

特に転職エージェント中心に転職活動する人は是非参考にして下さい。

転職エージェントのメリット

書類審査や内定率が高まる

転職エージェントは自分の希望にあった内定がもらえそうな企業を厳選して紹介するので、
書類審査の通過率や内定率が高まります。

また、企業とのコネクションがあり、転職サイトにはない非公開求人も多いので
より登録者と企業とのマッチング度も高まります。

プロによるサポートを受けられる

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーが転職活動の全てをサポートしてくれます。

自分の希望にあった且つ採用されそうな求人の紹介、
履歴者や職務経歴者の添削、面接指導、悩み相談など

転職のプロが円滑に転職活動出来るようにサポートしてくれます。

企業との面倒な手続きを代行してくれる

仕事をしながら転職活動をしていると面接の日程の調整、内定辞退、
入社日、給与などの労働条件の交渉など面倒ですが、
転職エージェントに登録していると全て代行してくれます。

なので、面接までは企業と直接連絡を取ることはありません。
全ての対応を転職エージェント側で行ってくれます。

転職エージェントのデメリット

キャリアアドバイザーと相性が合わない事がある

転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーと相性が悪かったり、
中には駄目な人もいたりします。

そうした担当者に当たってしまったら転職活動が上手く行かず、
自分の希望と違う企業に転職してしまう恐れもあります。

転職エージェントに登録しても誰が担当になるからわかりませんから、
自分と相性が合わない人なら担当を変えてもらうか、
別の転職エージェントで転職活動をしましょう。

提案された求人でしか応募できない

転職エージェントは本人の希望にあった求人をキャリアアドバイザーから提案されるので、
自分で企業を選ぶことは出来ません。

仮に希望する企業が転職エージェントにあっても希望者が多い場合は、
社内選考を行い応募できな事もあります。

若干スピード感に欠ける

転職エージェントを利用すると間に一人入りますので、
直接やり取りする転職サイトよりも若干スピードが遅くなります。

おすすめは転職エージェント

転職活動をする際、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

まずは自分の経歴や職歴などを客観的に判断してもらい、
現状の求人事情などの情報を入手することから始めて下さい。

そして、もし転職出来そうもなかったから、
その次に転職サイトやハローワークなどを利用すると良いと思います。

転職活動に慣れていて、自分の目指す道がはっきりと決まっていれば別ですが、
そうでない場合は、転職エージェントで転職活動のコツやポイントなどを掴む方が
転職活動を成功させれます。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能