転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職エージェントで求人や内定を断る方法

転職エージェントの断り方の基本

転職エージェントで求人や内定を断る方法

転職エージェントを利用していると断る場面が出てくることがあります。
「求人を断る」「内定を断る」「転職エージェント自体を断る」
「内定承諾後に断る」など色々あります。

断りにくかったり、断ることが嫌だったりする人もいますが、
転職は人生や生活に関わることですので遠慮することはありません。
断ることは転職エージェントでもザラにあります。

そこでこのページではどのように断れば良いのかを
それぞれのケースに合わせてご紹介していきます。
やはり、断るにしても転職エージェントのキャリアアドバイザーは、
自分のために考えて動いてくれたので、
社会人らしく丁寧に断りましょう。

転職エージェントそのものを断る

転職エージェントを利用する際は、複数登録することが基本ですので、
転職エージェント自体を断ることは良くあることですし何も問題はありません。
担当者もその辺は良くわかっていると思います。

転職エージェントは複数登録して良い求人を紹介しくれたり、
キャリアアドバイザーが優秀だったりしたところで転職活動することが基本です。

なので、断る際はメールで理由を伝えて下さい。
理由は何でも良いと思います。

例えば、「別の転職エージェントから魅力的な案件が複数紹介された」
「諸事情により転職活動を一旦止める」「転職が決まった」
などです。

中には連絡もしない人もいますが、これから転職しようとする社会人としてマナー違反なので、
メールで退会する旨を伝えて下さい。

求人の段階で断るケース

転職エージェントに登録すると、様々な求人がメールで送られてくるようになります。
その中には興味がある求人もありますが、興味がない案件も多数あります。

面談の時にならその場で対応出来ますが、
メールでの場合はその時に送られた求人に興味がなくても、
無視をせず何故興味がないのか理由を添えてすぐに返信しましょう。

無視をしていると転職する気がないと思われ、求人が送られてこなくなりますし、
理由を伝えなければ的外れな求人ばかり紹介されてしまいます。


書類選考や面接を断る

キャリアアドバイザーに言われるがままに応募してみたり、
種類選考に通って面接に進めたりしたものの
再度求人内容を確認してみたら気が進まないという事もあります。

個人的には練習がてら書類選考も面接も受けてみれば良いと思うのですが、
第三者が絡む以上、行く気がない企業に挑戦するのは
迷惑をかけると思う人も多いでしょう。

この段階で断る場合は出来るだけ早めに担当者に連絡して下さい。
特に面接を断る場合はキャリアアドバイザーも段取りを組んで動かなければいけないので、
出来るだけ手間をかけさせないために早めに連絡する事がマナーです。

尚、以下は書類選考を断る場合の例ですが、
面接の場合もこれをほぼ同じ内容で構いません。

内定を断る場合

内定を断る場合は自分なりの理由があると思いますので正直に伝えてください。

良くあるのは以下のような理由です。

内定をもらって断るのは忍びないと思うかもしれませんが
面接してみて違うと思うのは良くあることです。
正直にキャリアアドバイザーに伝えれば特に問題ありません。

しかし、内定を断るのはあくまでも入社承諾書の提出前です。
入社承諾書提出後から断るのはルール違反で何かのトラブルになる可能性があります。

以下に内定辞退の参考例を紹介しますが、メール+電話か直接会って断る方が
その後に繋がっていきます。
(管理人の経験上では、内定辞退のメールをしても電話がかかってくるケースが多いので、
結局はメール以外での対応もする必要がある。)

内定承諾後の辞退について

内定承諾後というのは、先ほどお話したように入社承諾書を提出した後です。

基本的に内定承諾後に辞退をするのはNGです。

内定承諾書には法的な拘束力はありませんが、それでも転職エージェントや企業にも迷惑がかかり、
場合によっては今後様々なトラブルに発展する可能性もあります。

しかし、そうはいっては行きたくない企業に無理やり転職して、
すぐに退職してしまえば、それはそれで転職エージェントや企業にも迷惑がかかります。

入社承諾後の辞退は以下のルールを守り、しっかりと理由を伝えましょう。


強引に入社を進めてきた場合

転職エージェントも商売で慈善事業ではありません。
CAもいわば営業マンですので、採用させることで売上が上がります。

ですから、内定が決まれば、自分が意図しない会社であっても
強引に入社を進めてくるCAがいる事も否定は出来ません。

しかし、その場合は臆することなくしっかりと理由を伝え断りましょう。

それでもし良い求人が紹介されなくなれば別のCAに変えてもらう事も出来ますし、
転職エージェント自体を変える事も出来ます。
そうしたCAに担当してもらっても良い転職活動は出来ません。

妥協も必要?

転職活動したことがある方ならわかると思いますが、
よっぽど優秀な方でない限り自分の希望に100%沿った求人は中々ありませんし、
あったとしてもそこに入社するのは至難の業です。

毎回希望に沿わないからといって断り続けていれば、応募できる企業がなくなり、
最悪は転職できない可能性もあります。
実際にそうした方も沢山います。

ですから転職活動する際は、
労働条件や業種・職種など転職する際に外せない条件にに対して優先順位を付けることが重要です。
当初は全ての条件を満たす求人を探しても良いかもしれませんが、中々思うように行かなければ、
優先順位の高い条件に絞ることも必要になります。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能