転職エージェントTOP>転職の豆知識>高卒は転職に不利なのか?

高卒は転職に不利なのか?

高卒の転職

当サイトは綺麗ごとをいうつもりはありませんのではっきりいうと、
高卒は大卒に比べ転職が有利か不利かといえば不利になります。

求人の募集欄を見ると、大卒以上と書かれている事が多いと思います。

しかし、だからといって高卒は転職できないかと言われれば、
答えはNOです。
高卒でも転職する事は十分に可能です。

転職する際、企業が求職者に求めているのは、
学歴ではなく、スキルや経験です。

仮に、スキルも経験もない大卒の方が転職しようと思い、
色々な企業で面接したとしても、多分落とされます。
大卒だから受けられる企業が多いだけで、採用されることはありません。

企業が中途採用の求人を出すときに大卒と書くのは、
応募者を絞るためです。
応募者が多くなっても全てに対応できないので、
大卒と書いて、予め応募者を振るいにかけるのです。
本音を言うと、別に大卒でも高卒でも、スキルと経験がある優秀な方なら
どちらでも構いません。
重要なのは、経験とスキルがあるかないかです。

ですから、高卒だから転職できないと卑下しないで下さい。
転職できないのは、学歴ではなく、あなたにスキルと経験がないからです。
それは大卒でも同じです。

高卒の就業事情

まずは具体的な高卒の転職のお話をする前に高卒の就業事情を見てみます。
まずはこうした基本的な知識を見つけて転職活動に励んで下さい。

高卒の生涯賃金

男性 女性
中卒 2億 1億4千万
高卒 2億1千万 1億5千万
高専・短大卒 2億1千3百万 1億7千6百万
大卒・大学院卒 2億7千万 2億1千6百万

※ユースフル労働統計2018
統計データーは調査機関によって異なる

この数字は卒業してから就職しフルタイムで60歳まで正社員として働いた生涯賃金を計算したものです。
(退職金は除く)
実際は60歳以上でも働くので生涯賃金はさらに高くなります。

上記の図を見てもらえればわかるように学歴が高くなる方が生涯賃金が高くなっています。
高卒と大卒を比べると約6千万円の開きがあります。

しかし、上記の数字は一般的な年齢や学歴などを考慮して算出した平均額で、
実際は企業の規模や業種や職種などでも大きく違ってきます。

また、あくまでも卒業してから60歳まで正社員として働き続ける事を想定した数字なので、
実際は大卒でもフリーターは沢山いますし、
高卒でスキルを高め正社員としてバリバリ働いている人は沢山います。

高卒が転職する上でおすすめの業種や職種

一概に高卒と言っても経験が豊富な人もいれば経験不足の人もいます。
ここで紹介する高卒が転職する上での業種や業種はあくまでも経験不足の人を想定しております。

経験豊富な人はこれまでやってきた業種で転職先を見つければ良いと思いますので、
条件にあった良い企業を探しましょう。

経験が豊富でスキルも高ければ高卒も大卒も差はありません。
一部の老舗大手企業を除いて学歴よりもスキルが優先です。


一般的にはこのような職種や業種が多いです。
イメージとしては総合職よりも専門職です。

もちろん、これら以外の職業も沢山あります。
もし、現在職務経歴があまりなく、どんな仕事をしようか迷っていれば、
これらの業種や職種の情報を集めるのがおすすめです。

高卒が転職する上でおすすめの資格

高卒の転職に関する資格

高卒に限らず転職する上で資格が大切だと言われておりますが、
特殊な仕事や特別な状況でもない限り、資格を持っていても転職の決め手にはならないと思います。
その転職の資格については、転職に資格は必要?でもお話しました。

しかし、だからといって必要ないというわけではなく、資格を持っている事はアピールになりますし、
特に経験が少ない20代の方は経験をカバーするための武器になることはあります。

また、新しい業界の転職を考えているなら、資格を取得することで、
面接官にやる気があると思われて好印象を与える可能性もあります。

ですから、余裕があったり、転職できなくて悩んでいる方は、
資格の勉強をしてみるのも一つの手です。

ここで、高卒の転職におすすめの資格をいくつか紹介します。
ただ、あくまでも一般職に関する資格で、建築、土木、電気などの技術系な仕事の資格は紹介しません。

一般職で高卒におすすめの資格

日商簿記検定2級、宅地建物取引主任者、TOEIC最低730~800以上、自動車普通免許、行政書士、
ファイナンシャルプランナー(FP)、ITパスポート試験、色彩検定、インテリアコーディネーター、
食品衛生責任者、プロジェクトマネージャー、マイクロソフト系認定資格、
基本情報技術者、不動産鑑定士 などです。

これからの資格は、高卒でも取得でき、中には取得が難しい資格もありますが、 その試験に合格出来れば面接官のアピールになるでしょう。

学歴関係なく転職はとにかく数をこなす

転職は数をこなす

高卒とか大卒とか関係なしに、転職は数をこなす事です。
高卒でも受けられる企業は沢山あります。

面接は落ちて当たり前
話したように採用、不採用の前に書類審査を通過できるのは
1割くらいの方です。
そこから採用となるとかなり確率が下がります。

10社、20社落ちたらといって、
凹むような方は、転職すべきではありません。

個人的な意見をいうと、50社以上応募して、
やっと転職活動しているという印象です。

100社くらい応募するのは当たり前くらが丁度良いでしょう。

当サイトは、転職エージェントに関する情報を中心に発信していますが、
これも同じような事が言えて、1つの転職エージェントで転職できなくても
もしくは登録自体を断れても、また別の転職エージェントに登録すれば良いだけです。

転職エージェントは沢山ありますし、完全に無料でサポートしてくれますので
転職できるまでどんどん登録すればよいと思います。

例えば、ハタラクティブリクルートエージェント就職Shopなど転職エージェントは色々あります。

リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多く転職実績NO1ですので、あなたの事を欲しいという企業が見つかる可能性は高いですし、
ハタラクティブ就職Shopは20代フリーターや未経験者をターゲットとしております。

実際にハタラクティブはフリーターや未経験者の正社員率は80%を超えています。
また、就職Shopもリクルート系列の転職エージェントで求人が数が豊富です。

これはあくまでも管理人の個人的な見解ですが、
高卒で転職できない方は、学歴のせいで転職できないと言い訳をしているように感じます。

実際、管理人が前職で採用を行なっていた際、
高卒者を2名採用したのですが、
色々な企業に応募しても、中々採用されず、
やっぱり大卒でないと駄目だと思っていたという話をしていました。

しかし、よくよく話を聞くと、応募した企業は
わずか10社程度で、全然数が足りていません。
それで転職できるなら、誰でも苦労しませんし、
学歴とは関係ないことです。

確かに高卒という理由で応募できない企業もあるかも知れませんが、
それは仕方のないことで、それを卑下しても何もはじまりません。
多分、高卒を理由に転職できないと思っている方は、
仮に今から大卒の資格を取ったとしても転職できないと思います。

自分の現状はしっかりと受け入れ、
その中でどうすれば転職できるのかしっかりと考えて下さい。
何かのせいにしても現状は変わりません。

少し厳しい言い方をしましたが、
肝心なのは学歴ではなく、スキルと経験です。
その事は忘れないで下さい。

経験が少ない高卒でも転職して正社員になることは可能か?

前述したように高卒でも経験や実績があれば転職して正社員になることは十分に可能です。
実際に転職エージェントなどを利用して、転職できるている高卒の方は沢山います。

しかし、問題は高卒で経験の少ない方が転職できるかという事です。

結論から言えば、高卒だろうと大卒だろうと経験が少ない方の転職は容易ではありません。
少なくても、給与、職種、労働条件、将来性など自分の希望と100%と合致する転職は難しいと思います。

もちろんそれを言えば、それなりのキャリアを積んでいたいとしても簡単ではないはずです。

しかし、だからといって転職できないわけではありません。

フリーターが就職・転職するための方法でもお話したように
経験が少ないフリーターから正社員として就職できた方もたくさんいます。

高卒は大手企業に転職するのは可能?

個人的には待遇が良く福利厚生も充実していて働きやすい中小企業は沢山あるので、
わざわざ大手企業にこだわる必要はないと思いますが、
それでも一部の人は大手企業に転職したい希望を持っています。

今は、昔と違い一部の老舗大手企業以外はスキルや経験があれば大手企業に転職出来ます。
具体的には以下の業界です。


これらの業界は高卒が比較的多いです。

しかし、後ほど紹介しますが、
あまり大手や良い条件だけに絞ると高卒に限らず転職は上手くいきません。
経験が豊富なら良いのですが、経験が浅い人は出来るだけ条件を絞ることがポイントです。

高卒に関係なく経験が少なく方は転職の条件を絞ること

条件を絞る

経験を問わず、若い20代~30代前半をどんどん積極的に採用しようとする企業は別ですが、
普通の企業は高卒・大卒関係なく経験がなくてはそう簡単には転職出来ません。

100%自分の希望する条件にあう企業は少ないですし、応募できる企業も限られます。

ですから、まずは自分が絶対に譲れない条件を1つか2つに絞って、
求人を探すのが良いでしょう。 あれもこれも条件があると応募できる企業すらないと思います。

特に給与面での条件を厳しくしてしまうとまず転職出来ません。

おすすめとすれば、給与や労働条件が多少悪くてもキャリアを積める企業がお勧めです。

20代~30代前半で頑張って経験やスキルを身に付ければ、後々良い労働条件の企業に転職でき、
順調にキャリアを積んでいくことが出来ます。

逆に若いうちから労働条件や給与ばかり気にし過ぎると、将来仕事で苦労する方が多いと感じます。

高卒でも転職エージェントは歓迎してくれるの?

先ほどから無料でサービスを提供してくれる転職エージェントを
ガンガン利用した方が良いとお話をしました。

しかし、そもそも「高卒は転職エージェントを利用できるのか」
「高学歴の人ばかり相手にしているのでは」などと思う人もいるようですが、
転職エージェントを利用するのに学歴は関係ありません。

むしろ転職エージェントのCAに話を聞くと、
高学歴で経験がない人よりも現場で経験をしてきた高卒の方が良いと言う人もいます。

実際に高卒で、事務、エンジニア、接客、営業、コンサルなど幅広い職種で、
正社員として転職して年収が上がった人は大勢います。

また、中途採用で学歴を指定するのは予め応募者を絞るためのケースもありますが、
転職エージェント経由だと学歴の指定がなくなる企業もあります。

つまり、高卒の人こそ転職エージェントを利用すべきで、
利用することでデメリットはありません。

無料で利用できるので最低でも3社以上登録して直接会いに行ってください。
その中で良い求人を紹介してくれたり、
感じの良いCAが担当してくれたりした転職エージェントを中心に転職活動をすれば良いと思います。

転職エージェントは高卒も大卒も関係なく対応してくれます。

高卒の方が必ず登録したい転職エージェントランキング

高卒の方のおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介していますが、
全てに登録し良い求人を提案された転職エージェントを中心に利用して下さい。
一つだけに絞ると良い求人を見逃す可能性もあります。

就職Shop

就職Shopもハタラクティブ同様に20代や経験が浅い方が中心で高卒でも良い転職先を見つける可能性があります。 また、リクルート系なだけあり求人数が多く、多くの方が正社員として転職できた事例も沢山あります。 求人だけではなく、業種や職種も豊富なので一度話を聞いてどういった求人があるのか相談するのが良いと思います。 就職Shopも高卒者の転職活動に外せません。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約8242社(企業数) / 全国 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代中心 IT・メーカー・通信・商社など 営業・企画・人事・コンサルなど
リクルートエージェント

転職で大切なのはどれだけ多くの求人を転職エージェントが抱えているかです。 求人数が多ければ、経験が浅くても若くて元気が良ければ欲しがる企業もありますし、 なんといってもリクルートエージェント転職実績NO1の転職エージェントです。 転職を成功させたければリクルートエージェントへの登録は必須といっても過言ではありません。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約10,000 約100,000 全国 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~40代 IT・メーカー・外資・不動産・商社など 営業・エンジニア・事務・経理・マーケティングなど
ハタラクティブ

未経験者・高卒・第二新卒など社会人経験が浅い方をターゲットにしていて、 そうした方でも8割以上の方が正社員になれている魅力的な転職エージェントです。 高卒の方がハタラクティブに登録しないという事は、本気で転職活動する気があるのかというくらいです。 是非登録してみて下さい。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
なし 1,000以上 東京・神奈川・埼玉・千葉 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代前半 IT・広告・マスコミ・メーカーなど IT・企画・マーケテイング・営業・経営

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能