転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>総合型と特化型の違い

総合型と特化型の転職エージェントの違いやメリットとデメリットは?

総合型と特化型の転職エージェントの違いやメリットとデメリットは?

転職エージェントには総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの
2つのタイプがあります。

それぞれには特徴もあり、メリットもデメリットもあります。
転職エージェントを選ぶ際には最低限理解しておきたい知識ですので、
このページでご確認下さい

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの違い

総合型は大手転職エージェントが多く、
リクルートエージェントやマイナビエージェントがそれに当たります。
どのジャンルに対しても求人数が多く、
自分の希望にあった条件の企業が見つかる可能性が高いです。

対して、特化型はファッショーネのようにアパレルに特化した転職エージェントや
メイテックネクストのような製造系のエンジニアに特化した転職エージェントなどです。

特化型はキャリアアドバイザーの知識も豊富で業界に詳しく細かなサポートを受けられる特徴があります。

どちらのタイプの転職エージェントもメリットやデメリットがあるので、
まずはそれぞれのタイプを詳しく理解することから始めて下さい。

総合型転職エージェントのメリット

多くの人は総合型転職エージェントを利用していますが、
その理由はやはりメリットが多いからです。

求人数が多い

総合型転職エージェントの最大のメリットはやはり求人数の多さです。
リクルートエージェントに至っては公開と非公開を併せれば10万以上にもなります。

よっぽど特殊な求人以外は自分の希望に合ったもしくは近い求人が見つかると思います。

大手転職エージェントなら質の良い求人が多い

大手転職エージェントは総合型が多く、
大手は質の良い求人が集まりやすいのもメリットです。

大手転職エージェントは、各企業とのパイプがあったり、
社員数が多いのでそれだけ質の高い求人を集めたり出来ます。

また、求人を出す企業側も大手の方が依頼しやすいということもあります。

転職のノウハウやサービスが充実している

総合型転職エージェントは登録者数が多くなり、その分転職実績も多く、
採用させるノウハウやサービスが充実しております。

また、多くの企業データーもあり、
その企業での面接でのポイントや求めている人材の特徴なども把握しており、
より転職活動が有利になります。

業界ごとで条件の比較がしやすい

総合型は幅広い業種の求人があり、どの業種に転職しようか迷っている人は、
より良い条件の業界で転職できる可能性があります。

同じ職種でも業界によって給与や福利厚生が大きく違う事もザラで、
転職を機に現状の労働条件を見直す事も可能です。

総合型転職エージェントのデメリット

総合型転職エージェントはメリットの方が多いのですが、
当然デメリットもあります。
総合型を選ぶならデメリットを把握した上で登録して下さい。

CAの質にバラつきがある

総合型転職エージェントはCAの数が多いのですが、
その分質の悪いCAがいることもあります。

中には自分の営業成績を上げようと、登録者のキャリアや希望もあまり聞かず、
様々な求人を紹介してとにかく転職させようとするCAもいます。

専門性が低いCAも多い

総合型転職エージェントは、幅広い業界の知識はあっても
特化型に比べ、専門的な知識が浅いCAも多いです。

特により専門的な知識が必要なプログラマーやエンジニアなどについて
よくわからないCAも沢山います。

もちろん、特定の分野に強いCAもいますが、総合型は登録者も多く、
自分にその専門のCAが担当できるとは限りません。

特化型転職エージェントのメリット

予め業種が決まっている人なら特化型転職エージェントを利用する人もいると思います。
まずはメリットからご確認下さい。

業界の知識が豊富でリアルな情報を入手できる

特化型の転職エージェントは業界出身のCAが多く、
業界の知識が豊富でリアルな情報を持っています。

ですから、転職するためにはどういったスキルが必要で、
今後のどのようなスキルを身に付けなければいけないのか的確にサポートしてくれます。

また、リアルな情報があると、現状はまだ規模が小さくても
これから伸びそうな企業の求人を紹介してくれ、 大手ではないような掘り出し物の企業に転職出来る可能性もあります。

特定の企業とのパイプがあり転職できる可能性が高まる

特化型転職エージェントは、特定の企業との太い繋がりがあり、
その企業に転職するには有利になる可能性があります。

また、先ほどお話したように大手ではないような
掘り出し物の魅力的な求人もあることもあります。

そうしたこともあり、総合型転職エージェントで転職活動が上手く行かなくても、
特化型転職エージェントに登録すればすんなに転職できるケースもあります。

特化型転職エージェントのデメリット

特化型転職エージェントは専門分野特化しているので、
業種や職種が決まっている人にはデメリットはないように思えますが、
いくつかデメリットもあります。

中小企業中心で求人数が少ない

特化型転職エージェントは業種や職種を絞っているということもありますが、
中小企業中心と言う事もあり、求人数が少ないのがデメリットです。

また、大企業の案件は大手転職エージェントが抱えていて、
企業の規模を気にする人にも向きません。

少ない案件の中で押し付けられる可能性もある

転職エージェントは転職させないと売上が発生しないので、
登録者の希望と合わなくても少ない求人の中で
無理やり転職させようとするケースもあります。

総合型は求人が沢山あるので選択肢が増えますが、特化型はそうはいきません。

総合型の方がCAの質が高い事が多い

特化型は専門的な知識が多いと言いましたが、
実は総合型の方がCAの質が高い人が多いと感じます。

総合型の大手の転職エージェントは、
CAの教育システムが充実していて、
優秀な人材も集まってきます。

対して特化型は規模が小さい転職エージェントが多く、
社内の教育まで手が回らない事もあります。
ですから、特化型のCAはメリットな事もありますが、デメリットな事もあるという事です。

特化型と総合型どちらを選べば良いの?

転職エージェントの選び方でお話したように
転職エージェントは総合型転職エージェント2社と
特化型転職エージェント1社がオーソドックスです。
そして、まずは総合型で面談を受けて、自分に合う求人がなければ特化型を利用するのが
条件の良い企業に転職するためのコツです。

以下に総合型と特化型の転職エージェントを一部紹介します。
良ければ参考にして下さい。

総合型転職エージェント 特化型転職エージェント
マイナビエージェント、type転職エージェント、パソナキャリア、リクルートエージェント、アデコの人材紹介、JACリクルートメント メイテックネクスト、マイナビ×IT、IT転職ナビ、ウーマンウィル、マスメディアン 、アパレル転職なび、@Agent

次のページ転職エージェントの選び方

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能