転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職エージェントとの面談

転職エージェントとの面談は難しく考える必要はない

転職エージェントとの面談といっても難しく考える事はありません。

簡単に言うと、顔合わせ、経歴・職歴、何故転職したいのか、現状、どういった企業に転職したいのかなどを
話合う場です。いうなれば自己紹介して、自分の希望に合った企業を探してもうらのです。

あくまでも本番は企業との面談ですので、肩の力を抜いて面談してみて下さい。

しかし、それでも最低限の常識やマナーがあり、あまりにも適当なら良い企業を紹介してもらえなくなります。
以下に転職エージェントとの面談に必要な基礎知識を紹介しますので、
そちらを参考に面談に臨んで下さい。

転職エージェントとの面談の時間帯や場所はどこ?

面談の場所

基本的に転職エージェントの会社で面談を行います。

どうしても遠方でいけない場合は、電話でやりとをして、
自分の希望にあった企業があり、紹介してくれそうな状態になったら
実際に転職エージェントに訪問して話を聞くケースもあります。

面談の時間

転職エージェントを利用する方は現在就業しているケースが多いので、
仕事終わりや土日に対応してくれると思います。

その辺は臨機応変に対応してくれるので安心して下さい。

魅力的な経歴なら出張も

どうしても時間の都合が合わず転職エージェントに訪問できない場合、
自宅近くのカフェに出張で来てくれることもあります。

ただし、それはあなたの経歴が魅力的でどうしても会ってみたいと思われればの話です。

転職エージェントのCA(キャリアコンサルタント)も忙しいので、
紹介できなさそうな企業がない人にはわざわざ出張までしてあってくれません。

ただ、基本は転職エージェントの企業での面談という事になります。

面談に持参する物や服装は?

基本は筆記用具とメモ帳だけで良いのですが、
出来れば職務経歴書と履歴書を持参した方が話がスムーズに進みますし、
CAにやる気も伝わります。

CAは基本スキルや経験を重視しますが、
やる気が伝わらないと良い企業を紹介しようと思いません。

フォーマットは何でも良いので、出来るだけ職務経歴書と履歴書を持参して下さい。

中には決まったフォーマットでキャリアシートを書かなければいけない転職エージェントもありますが、
その場合は転職エージェントに登録した場合、メールで指示をくれます。

また服装はスーツが無難ですが、私服でも良いと思います。
但し清潔な服装にして下さい。 きたならしいかっこで行くと、
転職エージェントから見て大事なクライアントに紹介したいとは思わなくなります。

ただ、皆さんはしっかりとした社会人だと思いますので、
常識的な服装で行くはずですから、あまり気にする必要もないでしょう。

CAとの面談ではどのような事を話すのか?

CAとの面談では冒頭でお話したように、
●職歴
●希望条件(労働条件・業種・職種)
●現在の転職活動の条件
●経験・スキル
●自己PR
などです。

転職エージェントとの面談前には、このことを頭の中にしっかりとまとめておいて下さい。
このことを疎かにするとあなたの希望する企業は紹介してくれませんし、
実際に転職してみて思っていた企業とは違ったという事になりかねません。

また、現状の転職活動の話で他の転職エージェントを利用しているなら正直にお話しましょう。
もちろん、どうしても話せない事もありますが、
しっかりと伝えれば他の転職エージェントで紹介されなかった企業が見つかるかも知れません。

基本CAはあなたの味方ですから、正直ベースで面談を進めましょう。

面談後すぐに求人を紹介してもらえるケースもある

転職エージェントは沢山の非公開求人を保有していますので、
あなたのスキルや経験が良ければ、その場で求人を紹介してくれることもあります。

というのよりも紹介されるケースが多いでしょう。

そこでその企業の話を聞き、自分の条件とマッチしていれば応募してもらうのも良いですし、
もし希望と合わなければどういったところが違うのかしっかりと伝えて下さい。

ここを曖昧にしていると、実際に企業と面接してイメージと違い、
合格してしまったら断りにくくなります。

もちろん、求人の内容やCAと話した内容では魅力的に感じても、
企業と面接したら自分のイメージと違う場合があるので、
断ることも全然良いですが、出来るだけミスマッチをなくするためには、
自分の意思をしっかりと伝えなければいけません。

企業に履歴書や職務経歴書を提出、面接対策

希望する求人が見つかれば、一緒に履歴書や職務経歴書を作り、
面接対策などをして面接に臨みます。

しかし、希望する条件の求人があったとしても絶対に面接できるわけではありません。
人気の求人なら転職エージェント内での社内選考をし、誰を企業に紹介するのか決められることもあり、
履歴書や職務経歴書を企業側が見て魅力に感じなければ面接まで進めません。

よほど、あなたと企業の条件がマッチしていれば別ですが、
中々そう上手くは行かないケースがほとんどです。

ですから、社内選考になった場合でもあなたを押してくれるように
CAにしっかりアピールすることも重要です。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある