転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職エージェントとの面談

転職エージェントとの面談で自己アピール

転職エージェントの面談の全て

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーと直接会って面談する事になります。
(地方の人の場合電話面談もある)

ここでこれまでのキャリアや転職理由などを話しながら、
どういった求人を紹介できるのか、どのようにサポートしていけば良いのかなど
キャリアアドバイザーと相談してお互いの信頼関係を築いていくのが目的です。

そこでこのページでは、転職エージェントと面談する際に準備する事や服装、
心構えなどを紹介していきます。

本番の面談ではないので堅苦しく考える事はありませんが、
マナーが悪かったり、社会人としての自覚がないとキャリアアドバイザーの心象を悪くしてしまい、
良い求人を紹介してくれなくなります。

少しでも良い条件で転職するためにはまずはキャリアアドバイザーを味方につける事ですので、
まずはしっかりと基本的な事を理解して下さい。

転職エージェントとの面談の時間帯や場所はどこ?

働きながら転職活動している人が多いため場所や時間帯は気になると思います。

面談の場所

基本的に転職エージェントのオフィスで面談を行います。

どうしても遠方でいけない場合は、電話での面談もしてくれますし、
カフェや貸し会議室などの出張を行ってくれる事もあります。

どんな場所で面談するにせよ直接あった方が人となりがわかるので、
キャリアアドバイザーも求人を提案しやすくなります。

面談の時間や曜日

予約制で昼や夜、平日や週末にも対応してくれるところが多いと思います。
面談の時間は30分~1時間です。

ただ、夜と言っても19~20時くらいで転職エージェントによっては、
日曜日に対応してくれないところもあります。

面談に持参する物や服装は?

基本は筆記用具とメモ帳、履歴書と職務経歴書です。
履歴書と職務経歴書のフォーマットは何でも良いです。

ただ、中には決まったフォーマットでキャリアシートを
書かなければいけない転職エージェントもありますが、
その場合は転職エージェントに登録した場合、メールで指示をくれます。

また服装はスーツが無難ですが、私服でも良いと思います。
但し清潔な服装にして下さい。

きたならしいかっこで行くと、
転職エージェントから見て大事なクライアントに紹介したいとは思わなくなります。

ただ、皆さんはしっかりとした社会人だと思いますので、
常識的な服装で行くはずですから、あまり気にする必要もないでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談ではどのような事を話すのか?

キャリアアドバイザーとの面談では以下のようなお話をします。

転職エージェントとの面談前には、このことを頭の中にしっかりとまとめておいて下さい。
このことを疎かにするとあなたの希望する企業は紹介してくれませんし、
実際に転職してみて思っていた企業とは違ったという事になりかねません。

また、現状の転職活動の話で他の転職エージェントを利用しているなら正直にお話しましょう。
もちろん、どうしても話せない事もありますが、
しっかりと伝えれば他の転職エージェントで紹介されなかった企業が見つかるかも知れません。

基本キャリアアドバイザーはあなたの味方ですから、正直ベースで面談を進めましょう。

面談後すぐに求人を紹介してもらえるケースもある

転職エージェントは沢山の非公開求人を保有していますので、
あなたのスキルや経験が良ければ、その場で求人を紹介してくれることもあります。

というのよりも紹介されるケースが多いでしょう。

そこでその企業の話を聞き、自分の条件とマッチしていれば応募してもらうのも良いですし、
もし希望と合わなければどういったところが違うのかしっかりと伝えて下さい。

ここを曖昧にしていると、実際に企業と面接してイメージと違い、
合格してしまったら断りにくくなります。

もちろん、求人の内容やキャリアアドバイザーと話した内容では魅力的に感じても、
企業と面接したら自分のイメージと違う場合があるので、
断ることも全然良いですが、出来るだけミスマッチをなくするためには、
自分の意思をしっかりと伝えなければいけません。

面談でやってはいけない4つのポイント

転職エージェントを利用した際に注意してほしいポイントがあります。
是非参考にして下さい。

転職したいとアピールする

とりあず話だけを聞きに来たとかすぐには転職を考えてないというのは止めましょう。

キャリアアドバイザーは日々売り上げに追われているので、
一人でも多くの人を転職させたいと思っております。

現状はすぐには転職を考えていなければ、良い求人を紹介してくれませんし、
キャリアアドバイザーも真剣に面談しようとしません。

なので、良い条件の企業があればすぐにでも転職したいとアピールしましょう。

前職や現職のネガティブな意見を言わない

無理に取り繕う必要はありませんが職場の悪口ばかり言ってしまうと、
この人は何でもかんでも人のせいにして
すぐに辞めてしまう人材だと思われてしまいます。

転職エージェントは「一定期間働かないと報酬がもらえない」
「すぐに辞めてしまうと紹介料の一部返金」 「今後の企業との取引に悪影響」
があるためすぐに辞められると困るのです。

ですから、長く勤めてもらえそうな人に転職してもらいたいので、
ネガティブな意見は良い印象を与えません。

経歴やスキル、現状の労働条件などで嘘はつかない

良い条件で転職しようとして
これまでの経歴や現状の労働条件などで嘘を言う人がいますが、
後々トラブルになったり、キャリアアドバイザーからの
信頼を損ね良い求人を紹介してくれなくなります。

また、経歴などのデーターは転職エージェントで管理されますので、
一度嘘を言うと後々話している事の整合性が取れなくなります。

遅刻はNG

遅刻をするとキャリアアドバイザーの心象が悪くなり、
真剣に面談をしてくれなくなりますし、良い求人を紹介できなくもなります。

基本遅刻はNGですが、どうしても遅れてしまう場合は必ず連絡を入れて下さい。
転職エージェントだからとって軽く考えてしまうと転職チャンスを逃してしまう恐れもあります。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能