転職エージェントTOP>転職の豆知識>40代・50代の転職事情

40代・50代の転職事情

40代、50代になると転職は難しいとされています。

何故なら、40代や50代は給料が高くなりますので、企業に取って負担が大きいのと、
そのくらいの年代なら、管理職になり、どの企業も管理職候補は沢山いるからです。
特に大手であればあるほど、その傾向にあります。

これは現役の転職エージェントの方に聞いた話ですが、
40代、50代で登録してくるかたは沢山いるようです。
そこで、今までの経歴や職歴などを聞くと、
物凄い大手でバリバリ仕事を行なっていた方ばかりなのですが、
自己PRの際は、「現場をまとめるのが得意」「顧客の求めているサービスを考えられる」
「システム管理の経験が豊富」など、
どれも具体性に欠けることしか言えません。

転職エージェントのCAも相手を試すように、
業界の最新の動向やIT技術などについて
質問するのですが、何の事だかわかっていなく、
質問に対する答えがチンプンカンプンになってしまいます。

しかも40代、50代になると企業に求める条件も高くなり、
結局紹介できる企業がなくなります。

つまり、何が言いたいのかというと、何歳になろうが、
常に自分の能力やスキルを高め続けないと転職はできないということです。

終身雇用の時代ではない

言うまでもありませんが、今は終身雇用の時代ではなく、
どんな方であれ、何度か転職は致します。
ある転職サイトの調査だと1人当たりの転職回数は2回くらいとなっております。
そして、これからはその回数がどんどん増えて行くことでしょう。

転職する際にもっと必要なのは、豊富な経験と高いスキルです。
これがあってはじめて転職という土俵に上がることが出来ます。
特に40代以上になれば、求められるものが高くなります。

どの企業も高い年齢の方を採用するのは、
給料の高さや福利厚生などの雇用条件が高くなる事がネックです。

しかし、それは高い条件を出してでも魅力的な方なら、
年齢問わず雇います。

管理人も人事を担当してきましたが、
40代以上で面接に来る方は年齢の割りにスキルや経験が足りない方ばかりでした。
多少経験が豊富であっても、それで高い給料を出すなら、
給料が安く癖のない若い子を採用して育てたほうが、
会社にってメリットが多いと判断してしまいます。

確かに40代、50代になると転職するのは簡単ではありませんが、
出来ない事はありません。
年齢が高くても、欲しいと思わせるスキルや経験があれば良いのです。

歳を取ると新しい事を身に付けたり、さらに能力を高めようという気力が
若いときに比べ衰えますが、それでも常に能力向上を図らなければ、
会社員として生き残っていく事はできなくなります。

今安定している職についていたとしても、将来はどうなるかわかりませんので、
常に自分を高める事を忘れないで下さい。
それが40代、50代でも良い転職をする条件になります。

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある