転職エージェントTOP>転職の豆知識>35歳を超えると転職は難しい

35歳を超えると転職は難しい?

一般的には「転職は35歳が限界」といわれております。
確かに多くの企業は、20代や30代前半の方の方に興味を抱いています。

それは何故でしょうか?

もちろん、社内の年齢構成のバランスや長い間働けるので
将来性を見込む事もあるでしょう。

しかし、転職市場の根本的な考えは即戦力です。
35歳を越えている方の方が経験もスキルも高い方が多いので、
企業側としては都合が良いはずです。
それでも35歳を越えると転職が難しいというのは、
柔軟な対応力や新しい事に身に付ける意欲が少ないと思われているからです。

管理人は仕事上色々な方の面接・採用をしてきましたが、
35歳を超えている40代以上の方の何度も採用してきた経験があります。
(中小企業の小さな会社ですが)

それくらいの方は、社会人経験が豊富でそれなりの実績もありますから、
過去の経験に縛れて、自分のスタイルを推し付け、新しい会社のやり方に対応しようとせずに、
周りの社員と上手くやれない傾向があります。
ですから、多くの企業は35歳以上の方を敬遠してしまうのです。

逆に言えば、柔軟性や変化対応力をアピールできれば、
35歳を越えても十分に採用される可能性もありますし、
実際にそうした力があれば、35歳を越えても積極的に採用する企業も増えています。

確かにあなたが今まで培った経験やスキルは、その会社の力になりますが、
それはあくまでも新しい会社のやり方や文化に適応できればの話です。

特に年齢が高い方がベンチャー企業のような若い社員が多い企業に転職すると、
上から目線になり、新しい文化を受け入れようする気持ちが足りなくなります。
そして、採用担当の方はそうしたことをしっかりと見ていますので、
柔軟性や変化対応力をしっかりとアピールしてください。
そうすれば、40代を越えてても十分に転職する可能性は高まります。

次のページ第二新卒の転職活動

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある