転職エージェントTOP>転職の豆知識>転職すべきではない方とは?

転職すべきではない方が多い

転職する前にでお話したように
安易な転職を避けるべきです。

これは、知り合いの大手転職エージェントに勤めている方に聞いたのですが、
転職相談にこられる3人か4人に1人の割合で、転職すべきでない方だと言います。

そうした方の特徴として多いのは、たいした実績も実力もないのに、
自己評価が高く、自分はさらに良い条件の企業に勤めるべきだと思い込んでいます。
また、ひどい方だと、その業界の方なら誰もが知っている
プロジェクトに関わったと話をしていますが、
よくよく聞いてみると、実際は少しサポートしたくらいで実際はたいした役割を担っていなく、
話を盛ってきます。

管理人も、頻繁に面接していた頃は、
経歴やスキルに対してまったく魅力を感じないなのに、
やたらと好条件を求めてくる方も沢山いました。

そうした方達は、自分を勘違いし、自己評価と他己評価の隔たりがあり、
何をいってもわかってくれません。そういう方達なので仕方のないことです。

もし、今転職を考えているなら、
しっかりとキャリアの棚卸しをしてみて下さい。

将来自分はどんなことをしたくて、どのようになりたいのか。
そのためには今何処で何を見つけるべきなのか考えるのです。
それが今の会社で出来る事なら、転職をするのではなく、
その会社で身に付けたり、実績を出したりすることに専念してください。

仮に将来のために今やるべき事が今の会社で出来ないなら、
どの会社ならできて、その会社は今の自分を必要としてくれるのか
冷静に考える必要があります。

そうした明確なビジョンがない方が、人間関係が嫌だとか、
待遇が悪いとか、自分を評価してくれないとか安易に転職すると、
現実の壁にぶち当たり必ず後悔します。

自己否定的な話になりますが、
自分が思っているほど相手からみればあなたはたいしたことはありませんし、
評価してくれません。

もし、今転職したいが自分をするべきなのかそうでないのか迷っているなら、
一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、今までスキルの高い方や
そうでない方を沢山みているので、
実際にあなたがどのレベルにいるのか、正確に判断してくれます。

しかも転職エージェントは、経歴やスキルが魅力的な方を
企業に転職させてマージンをもらう仕組みですから、
あなたがたいした事なければ、そっけない対応になりますし、
魅力があるなら、丁寧に対応してくれ、
良い条件の求人を沢山紹介してくれます。

自己評価が高く自分に自信があることも大切ですが、
転職は他人に評価される市場です。
どんなに自己評価が高くても、相手にNOと言われればそれまでです。

ですから、是非一度客観的にあなたを判断してくれる
転職エージェントに相談して見てください。
現実がはっきりわかると思います。

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある