転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職して失敗するケース

転職して失敗するケースもある

転職エージェントに登録して、
あなたの希望条件通りの企業に転職できたとしても、
自分がイメージしていた仕事内容や環境と違いすぐに辞めてしまうケースもあります。

例えば、「事前にCAに話されていた仕事以外の事をやらされる」
「教えられていた社風と違う」などです。
また、それは企業から見ても言えることで、
「思っていたよりも仕事ができない」、
「周りの社員と馴染めていない」などの声も良く聞きます。

何故、このようなミスマッチが起こるのでしょうか?
その答えは、CAの質によるものが大きいと思います。

転職エージェントは運にも作用されるでも
お話したように転職できるか出来ないかは、CAの影響が大きいのですが、
それは転職してからにも言えることです。

転職エージェントのCAは転職させるプロではありますが、
業界の専門家ではありません。

企業からこのような人やこうした技術・経験がある方が欲しいと要求があっても、
正しく業界や専門的な知識を把握していなかったら、
転職希望者に上手く情報が伝わらず、ミスマッチが起こります。

また、CAの中には「採用後しっかりと仕事をしてくれるか」「活躍してくれるか」
などを考えず、とりあえず転職させようとする方もいます。

転職エージェントは、採用された方の年収2~3割の手数料をもらえるという仕組みで、
CAもノルマが課せられていますから、数字だけを追い求めるCAも残念ながらいます。
転職エージェントの仕組み

本来CAというのは、ただ転職させるたけではなく、
業界の最新の動向や専門的な知識を持ち、
転職者がしっかりと働ける企業をマッチングさせなくてはいけませんが、
実情はそうしたCAもいるので、
転職しても上手く行かないケースがあります。

転職後のミスマッチを防ぐには?

転職後のミスマッチを防ぐためには、
やはりCAとしっかりとコミニュケーションを取り、
自分の希望を明確に伝える事です。

その希望というのは、大雑把な福利厚生や年収、仕事内容だけではなく、
どのような社風でどのような考え仕事をしていくのか、
昇給や自分の立ち位置など、あなたがどのような企業で働きたいかなど
色々条件はあると思います。

そうした事をCAに理解してもらい、
はじめてあなたにあった企業を紹介してもらえる可能性が高まります。
このコミニュケーションをしっかりと行なわないと、 高い確率でミスマッチが起こります。

もちろん、中には話が伝わらない質の低いCAもいますので、
転職エージェントの選び方でお話したように
複数の転職エージェントに登録しておき、自分が一番ぴんときた
CAと密にやっておくことも必要です。

また、現在はネットが発達しているので、
自分が希望する企業の情報がネットに出ている可能性もあります。

転職して働くのは自分ですので、CAばかりに頼るのではなく、
自分でもその企業の情報を調べて下さい。

相手に頼ってばかりいて自分では何もしない方が、
良い転職を出来るはずがありません。
積極的に情報を取りに行く姿勢も必要です。

何にせよ、まずは信頼できるCAと出会うことが大切ですので、
そのためには、複数の転職エージェントに登録しておくことも必要です。

転職が失敗ではなくあなた自身の問題であるケース

面接での話や予め伝えられていた内容と違うケースは別としても
明らかに自分自身の問題で転職に失敗したと思う方がいますので、
そのケースを紹介していきます。

上司や同僚とそりが合わない

明らかにひどいセクハラやパワハラがあるなら仕方ありませんが、
会社員である以上様々な方と上手く距離を取りながら付き合っていかなくてはいけません。
周りはあなたには合わせてくれませんので、あなたが周りに合わせる必要があります。

このケースは非常に多く、管理人の経験上では相手側に問題があることもありますが、
ほとんどの転職者に問題があります。

どの会社に転職しても人間関係が上手く行かないなら、自分で起業して、
自分と会う方だけもしくは自分に合わせてくれる方と仕事をするしかありません。

希望の職種と違う事をやらされる

これはケースバイケースではありますが、自分の職種以外の仕事をやらされてもある程度は我慢する必要があります。

例えば、プログラマーとして入社して営業の仕事もやらせれるとかです。
もちろん、営業しかやらせてもらえらないのは問題でも、中小零細企業だと資金の問題で、
プログラマーであろうとも営業もやらざる終えない場合もあります。

そこはある程度臨機応変にしていかないと会社員としてやっていくことは難しいので多少の我慢は必要です。

仕事が忙しくて辛い

これは若い方によくあるケースですが、想像していた以上に仕事が辛く辞めてしまう方です。
これはある程度我慢しなくては、
転職癖が付き最終的には何処の企業にも正社員として雇用されなくなります。
また、すぐに辞めてしまうとスキルも経験も身に付けません。

もちろん、休みも睡眠時間もないようなブラック企業なら別ですが、大変でも沢山仕事をして、
経験とスキルを身に付け、最も条件の良い企業に転職できるくらいまで成長して下さい。

転職に失敗したその後は?

転職しては見たものの、入社前の話と「求人の内容と全然違う」「労働条件が違う」など我慢できる範囲を超えているケースもあるかも知れません。

あまりにも酷い場合は担当してくれていたCAに相談するべきですが、
相談したところでどうにかなる可能性は少ないと思います。

そんな時の対応としては2つ可能性があり、「即退職する」「とりあえず1年は頑張ってみる」
かだと思います。

状況によって異なるので一概に言えませんが、個人的には即退職しても良いと思います。

担当してくれた転職エージェントのCAに申し訳ないと思うかもしれませんが、
求人内容や面接で言われていた事とあまりにも違う場合、
それは転職先の企業はもそうですが、紹介したCAの責任でもあります。

それで無理に仕事を続けても最悪うつ病などになり、仕事が出来なくなれば元もこもありません。

もちろん仕事がきついとか、一時的に違う仕事をしてもらうとかで辞めるのはナンセンスだと思います。
基本、会社があなたに合わせてくれませんから、
あなたが会社に合わせなくてはいけません。

そういう次元ではなくあまりにも異なった場合は即退職でも決してあなたが悪いわけではないはずです。

即退職しても経歴には傷は付きませんし、
担当してくれたCAに話せば事情は分かってくれます。

もし、その転職エージェントが使いにくくなったら、
別の転職エージェントを利用すれば良いでしょう。 転職エージェントは沢山あります。

しかし、中には求人内容と異なったり、面接で言われていた事と違っても、
実際に1年仕事を続けると、意外にあっているというケースもあります。

せっかく苦労して転職出来たのだから、
頑張って続けるという選択も十分にありです。

ですから、人によってどちらが良いとは言えませんから、
自分の気持ちと向き合って正直に決断すれば良いと思います。

転職に失敗しないおすすめの転職エージェント

type転職エージェント

CAの質が高く、希望をしっかりと伝えればそれに見合った求人を探してくれます。 また、優良企業も多いので入社してから全く違う条件ということはほぼないと思います。 ただ、ターゲットは関東のみですので、それ以外の地域の方は対応してくれません。 関東に転職したい方は最も必須な転職エージェントです。



公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約7,000 約30,000 関東 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・製造・医療 営業・経理・人事・デザイナーなど
マイナビエージェント

CAの質、求人数、求人の質などどれをとっても転職エージェントの中ではかなりおすすめです。 転職後失敗するどころか、前職よりも条件が良くなり働きやすくなったという転職者もかなり多いと思います。 転職に失敗したくなければマイナビエージェントも登録は必須だと思います。



公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約6,700 約27,000 全国(関東・関西中心) 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・通信・メーカー系 IT・経営企画管理・営業・機械・電気・MR
パソナキャリア

パソナは独自の求人も多く、入社してから全然違うな条件のような会社はすぐにパソナ側に伝わり、 そうした求人はそもそも紹介しません。優良な求人が沢山ありCAの質も高いことから、 パソナも転職に失敗しないために必要な転職エージェントです。



公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約6,000件 約15,000 全国 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・通信・メーカー系 IT・営業・機械・電気・MR

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある