転職エージェントTOP>転職の豆知識>転職に資格は必要?

転職に資格は有効か?

転職や就職する際には資格を持っていたほうが有利とよく言いますが、
本当のところはどうなのでしょうか?

結論からいうと、ある事に越した事はないが、
なければないでも良いと言う事です。

そもそも企業の採用担当が見ているのは、
今までどんな仕事をしてきて、どのようなスキルがあるかです。
資格がなくても、経験やスキルがあるなら転職に何の支障もきたしません。
(資格がなければできない仕事は別。看護師など)

資格というのは、その知識や技術の客観的な証明ではありますが、
経験がなければ現場では使えない事は、採用担当者は百も承知です。

しかし、冒頭でも言ったようにないよりはあった方が有利です。
特に社会人経験がない方は、資格をもっていることにより、
学習意欲や積極性をアピールできますし、仕事によればその資格があることで、
より仕事の幅が広がるものもあります。

ただ、それも比較対象によります。

例えば、あなたと同じ企業に面接した方が、
資格はないがスキルや経験があるならその方を採用しますし、
資格も経験もない方となら、あなたが採用される可能性が高くなります。

もちろん、資格も経験もない方と比較されても、
その方がほうが、より自分をアピールできれば、
そちらを採用する場合もあります。

日本人は資格に依存しがちで、 資格を持っていれば良いという意識が高いように思えます。
しかし、それは一昔前の話でそれよりも転職に際して重要なのは、
積極性や協調性、柔軟性などの形に表せないことです。
そのことをいかにして面接官にアピールできるかの方が重要な気がします。

多くの企業の求人では資格の有無は問わない

前述したように日本人は資格に過度の期待をしていて、
資格があれば転職が出来ると思い込んでいる節があります。

しかし、実際は資格よりも経験の方が重要で、
転職サイトや転職エージェント運営しているDODAによると、
77%の企業が資格の有無は問わないとされ、85%の企業が何らかの経験が必要となっております。

資格が必要というのは、医療や土木・建築などの専門職で
資格というはあれば尚可というくらいです。

管理人も資格も頻繁に面接をしていた頃は、
何の資格があるからではなく、どのような仕事をやっていたのかを重点的に見ておりました。

<参照> https://doda.jp/guide/ranking/062.html

資格を持っているだけでは使いものにならないと現場の人間は知っている

まず誤解のないように申し上げると資格を持っていてプラスにはなってもマイナスにはなりませんので、
決して資格を否定するつもりはありません。

ただ、一部でその資格がなければ仕事ができない専門職を除いて、
資格を持っているだけでは現場で何の役には立たない事を現場で働く人間が一番知っています。

新卒は別としても、今は一から仕事を教える余裕のある企業は少ないですから、
経験がなければ採用は難しくなります。

特に30代中盤~40代以上になると経験がない方を採用することはほとんどありません。

資格も大切かも知れませんが、それよりもまずはどうすれば経験が積めるのか考える事が大切です。

転職に有利な資格

どの資格が有利なのかは、業界によって異なりますので一概に言えませんが、
一般的に良いとされている資格をいくつか紹介していきます。
興味があれば参考にして下さい。

不動産:宅建
営業職:普通自動車免許
経理:日照簿記2級
人事・総務:社会保険労務士
外資・グローバル企業:TOEIC最低730~800以上
など。

当たり前の一般的な資格ですが、
今のようにグローバルな時代だと、
TOEICはより有利かもしれませんね。

次のページ企業が転職者に求めるもの

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある