転職エージェントTOP>転職の豆知識>第二新卒の転職活動

第二新卒の転職活動

第二新卒というのは、新卒として何処かの企業に就職し、
数年で会社を辞めてしまった25歳前後の方達のことを言います。
中には就職活動に失敗して一度の就職できずにいる方もいるでしょう。
おそらく当サイトで最も多いのはこうした方達です。

この第二新卒ですが、転職が難しいという印象を持っている方が多いようです。
例えば、「すぐに前の会社を辞めてしまって忍耐力がない」「経験やスキルがない」
「すぐに辞められそう」などです。

確かに転職はあくまでも即戦力となる方を求めていますので、
そうした意味で第二新卒は、転職に向きとは言えません。

しかし、中には第二新卒を積極的に採用する企業もあります。

第二新卒は、仕事の経験も浅く、実績やスキルはさほど期待できませんが、
新卒に比べ社会人としての基礎は出来ていて、仕事の順応性が高く将来性もあります。

そこで、企業側もスキルや経験不足は目をつぶり、積極的に第二新卒を採用し、
早い時期からの戦力化を進めようとする企業も少なくありません。

ですから、第二新卒だからといって、転職に消極的にならないで下さい。
新卒で入社した会社よりも良いところに転職できる可能性は十分にありますし、
社会人経験が1年以上あれば、就職活動の時より、
スムーズに転職できるケースも多々あります。

また、そうした意味で第二新卒でなくても若くて多少社会人経験があれば、
業界未経験者でも積極的に採用する企業も沢山あります。

一度も就職したことのない第二新卒の方

第二新卒といってもまだ一度も就職したことがない方もいます。
そうした方は、社会人経験がある方よりも、就職するのが大変です。

これは今まで採用をやってきた管理人の個人的な意見ですが、
選り好みしないで、とりあえず社会人を経験してみることをおすすめします。

自分がやりたい職種・業種などがあると思いますが、
社会人経験がなければ企業側にとってみても判断材料がありません。

一度でも社会人経験をしておければそれだけで評価の対象になりますので、
次に転職する際、異業種であってもあなたの希望する職種や業種に
転職しやすくなります。

逆に一番怖いのは、希望する職種や業種に就職できないからといって、
フリーター生活を続けて歳だけ取ってしまうことです。

企業側から見れば、若いというだけで魅力ですので、
そこで歳もいき、スキルの経験もなければ余計に希望する仕事に就くことはできなくなります。

ですから、まずは自分の希望とは違っても就職してみて、社会人経験を積んでください。
すぐに辞めてしまうと意味がありませんから、最低でも1年以上は頑張り、
自分の希望する仕事をするのはその後でも遅くありませんし、全然可能です。

また、もしかすれば自分が希望しなかった仕事でも実際にやってみると、
やりがいを感じる方も少なくありません。

20代前半の若いうちで最も重要なのは社会人経験を積むことで、
企業もそうした方を求めています。

次のページ転職に資格は有効?

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある