******↓contents******
転職エージェントTOP>面接のポイント>面接で質問される内容と回答

転職の面接を徹底対策

この面接は転職活動を左右する大切な事です。
あなたがどんなに高いスキルと経験があっても、事前に面接対策しておかなけば、
せっかくの転職チャンスを逃してしまいます。
ですから、応募する企業が決まれば、しっかりと事前準備と対策を行いましょう。

そこでまず皆さんが気になるのは、転職の面接の際はどのような質問をされ、
どのような答えれば良いかという事だと思います。

具体的な質問内容は、その企業の癖や特徴があるので、
転職エージェントのCAに相談すれば良いと思いますが、
ここではどの企業からも聞かれるであろう一般的な質問とその回答法を紹介していきます。

是非参考にしてみて下さい。

当社に応募した理由は何ですか?

最も良くあるオーソドックスの質問ですが、
この質問に対して回答が困る方も少ないはずです。

何故なら、実際に働いてみないとその企業の本当のところはわからず、
大抵の方は給与面ややりたい仕事だからという事になります。

しかし、そのように本当のところを応えてしまうと、
別にその企業でなくても良いということになり、とてもリスキーです。

ではどのように答えれば良いのでしょうか。

「当社に応募した理由は何ですか?」という質問の裏を返せば、
当社の事を何処まで知っていますかという事です。
ですので、自分が面接する企業情報を調べて、それを応えれば良いのです。
具体的には以下のような事を調べれば良いでしょう。

●商品やサービスの特徴や良さを調べてアピールする
●現在軌道に乗っている事業やこれから始める事業に魅力を感じたいとアピールする
●経営方針の共感して魅力を感じたとアピールする
などがあると思います。

とくにかくネットやパンフレットなど利用してその企業の情報を集めれば、
あのずと応募した理由を応えることが出来るようになります。

当社に入社したら何をしたくてどのようになりたいですか?

この質問でポイントになるのが、あなたが何をしたいのではなく、
何が出来て、それは会社にプラスになるという事をアピールしなければいけません。

もちろん、質問は何がしたいという事ですが、
その企業が面接の際に考えるのは、どのくらい戦力になりそうかという事です。

もしあなたがやりたい事とやれることが合致していれば問題ありませんが、
そうでないケースがあります。

要するにあなたが入社することで会社にこれだけのメリットがあるとアピールするのです。

具体例とすれば以下を参考にして下さい。

異業種からの転職

前職は営業なら、どのようにして顧客から新規受注をもらっていたのか、
自分なりの営業方針を伝えてこの会社で活かす事をアピールしたり、
経理なら業務の効率を図る方法をアピールしたりです。

社会人経験や仕事の経験が浅い場合

これは前職の仕事のアピールは当然ですが、
現在勉強していることもアピールすることが必要です。

どうしても業務経験だけでは他の候補者に勝てない可能性もありますから、
今必死に勉強しているので、これから伸びるという事をアピールするしかありません。

転職回数が多い方

このケースの方は正直嫌われます。これまで経験した仕事のアピールはもちもんですが、
プラスアルファーとして、今こんなことを勉強していたり、チャレンジしていたりすることを
アピールしてください。

もちろん、そのことはその企業のプラスになることでないといけません。

前職の退職理由は?

この質問は必ずと言ってよいほど聞かれますので、
明確な答えを持って面接に臨みましょう。

一番ダメなのは曖昧に答えたり、前職の悪口を言ってしまう事です。
あなたの印象が悪くなりますし、その会社でも同じようになってしまうと思われます。

例え、消極的な退職であっても、積極的な退職である事をアピールしてください。
ここは転職エージェントのCAとしっかりと打ち合わせした方が良いでしょう。

人間関係が上手く行かなくて退職した場合

ここは慎重に答える必要があります。
何故なら企業はチームワークを大切にするからです。
答え方としては、人間関係が上手く行かず止めるきっかけにはなったが、
以前から新しい場所でスキンアップをしたいと考えていたというように
前向きな退職であることをアピールします。

多少は仕方ないことはありますが、
前職の社員の悪口をまくし立てるのは良くありません。

スキルアップのため

ここは今までの経験や実績をアピールし、
新たな会社でこのようなキャリアやスキルを身に付けたいための転職であることが大切です。

ポイントは、前職で身に付けたことをしっかりと伝える事です。
新たにに身に付けたい事だけだと、今まで何をしてきたのかという事になります。

社会人としてブランクがある場合

転職が難しい時代だとブランクが社会人としてブランクがある場合があります。

ここでは重要なのは、ムダに過ごしていたわけではないという事をアピールすることです。

例えば、ただ単に転職活動をし転職が決まらなかっただけとか、遊んでいたとかです。
必ず時間を有効に使って自分を高めていたこともしていたとアピールすることが大切です。

転職活動していたが、採用されなかった場合

何処にも転職できないという事は決して印象が良い事ではありませんので、
自分の希望する企業や職種が少なく中々面接できなかったという事と、
その間転職できた際に役に立つようにこのような学習をしていたというアピールがベストです。

何もしていないもしくはフリータだったケース

嘘はいけませんが、何もしていなかったと素直に伝える必要はありません。
休職期間中は、このような体験をしたり、このような資格の学習をしていたとか
先ほども言ったようにまったくの無駄な時間を過ごしていない事をアピールしてください。

フリーターだった方は、バイト先で身に付けたスキルや体験、
そして転職できるようにこのような学習をしていたアピールすれば良いでしょう。

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある