転職エージェントTOP>転職エージェントの基礎知識>転職エージェントで求人や内定を断る方法

転職エージェント経由で内定や求人を断ることはザラにある

転職エージェント経由で紹介された内定や求人を断りにくいのではないか懸念する方がいます。
確かに求人はまだしも内定となると相手企業と転職エージェントが絡んでいることから、
簡単には断りにくいと思います。

しかし、実際はそうしたケースはザラにあります。

転職というのは一生の事ですので、相手に気を使い自分が意図しない会社に転職しても長続きはしませんし、
すぐに辞められても企業や転職エージェントに迷惑がかかります。
そして何より自分の人生の責任は自分で取るしかないので、
企業と求職者の両方が納得した形で入社するべきです。

そこで、求人や内定、面接などの段階でどのように断れば良いのかお話していきます。

求人の段階で断るケース

転職エージェントに登録すると、出来るだけあなたの希望に近いと思われる求人をいくつも紹介されます。

転職エージェントのCAも出来るだけあなたの希望に沿うような求人を紹介してきますが、
中にはあまり興味の湧かない求人もあるでしょう。

そうした場合はもちろん普通に断って下さい。
CAと面談している時ならその場で断れば良いですし、メールで求人を紹介されたら
メールで返信して断れば良いでしょう。

しかし断る場合、必ずしっかりと理由を付けて断らなければ行けません。

それはマナーというより、理由なく断ると希望にあった求人を紹介できなくなりますし、
やる気がないとCAに判断され積極的に良い求人を紹介してくれなくなります。

必ずこの条件や仕事内容が自分には合わないと伝えて下さい。

書類選考や面接を断る

書類選考で断るのもしっかりと理由を話せば問題ないと思います。
他に気になり応募したい求人が出てくる事もあるでしょうし、
そもそも書類選考で落とされる可能性も十分にあります。

問題は書類選考に通って面接の段階で断る時です。

管理人の個人的な意見を言えば、面接はした方が良いと思います。
実際に転職エージェントのCAにもとりあえず面接だけは受けて下さいと言われる事もあります。

やはり転職エージェントとしても書類選考して面接までしたいと言ってくれているのに辞退するのは
CAの顔を潰す事にもなり、企業と転職エージェント側の信頼関係にも影響してきます。
しかも応募したという事は興味を持っているから応募したのであって、
CAが勝手に応募したものではありません。

実際に面接をしてみて断ることはザラですし、
当然企業側から断れる事もあります。
それは仕方のない事です。

しかし中には、他に興味がある企業が現れたという話をすれば、
CAから面接を辞退しましょうと言ってくる方もいます。

ですから、CAには正直に話してどうすれば良いのか相談して下さい。

内定の段階で断る

良くあるとは言いませんが、このケースもあります。
理由は色々あると思います。

「他にも受けている企業がありそちらの方が興味がある」
「面接を何度が繰り返す内に自分には合わない企業のような感じがした」
などです。

もし内定を断るのなら、出来るだけメールだけではなく、
電話や直接会って断った方が良いと思います。
内定辞退を企業に伝えるのはあくまでもCAなので、
ちゃんとして理由がないと転職エージェント側と企業との信頼関係が崩れ、 多くの方に迷惑がかかります。

中には一度内定を断れば、良い求人を紹介してくれないと思う方もいるようですが、
企業が内定を出すくらいの人材ですのでまた良い求人を紹介してくれます。
転職エージェントとしても転職できる可能性のある方が他に行かれたら困りますから、
その辺は気にする必要はありません。

しかし、入社を決めてから断るのはNGです。
マナー違反なのでそれは止めて下さい。

強引に入社を進めてきた場合

転職エージェントも商売で慈善事業ではありません。
CAもいわば営業マンですので、採用させることで売上が上がります。

ですから、内定が決まれば、自分が意図しない会社であっても
強引に入社を進めてくるCAがいる事も否定は出来ません。

しかし、その場合は臆することなくしっかりと理由を伝え断りましょう。

それでもし良い求人が紹介されなくなれば別のCAに変えてもらう事も出来ますし、
転職エージェント自体を変える事も出来ます。
そうしたCAに担当してもらっても良い転職活動は出来ません。

妥協も必要?

転職活動したことがある方ならわかると思いますが、
よっぽど優秀な方でない限り自分の希望に100%沿った求人は中々ありませんし、
あったとしてもそこに入社するのは至難の業です。

毎回希望に沿わないからといって断り続けていれば、応募できる企業がなくなり、
最悪は転職できない可能性もあります。
実際にそうした方も沢山います。

ですから転職活動する際は、
労働条件や業種・職種など転職する際に外せない条件にに対して優先順位を付けることが重要です。
当初は全ての条件を満たす求人を探しても良いかもしれませんが、中々思うように行かなければ、
優先順位の高い条件に絞ることも必要になります。

次のページ転職エージェントは転職しやすいの?

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある