転職エージェントTOP>面接のポイント>面接は落ちて当たり前

面接は落ちて当たり前

ここでのお話は転職エージェント経由というよりも、転職全体についてです。

一度でも転職活動をした方ならわかると思いますが、
精神的にきつい日々が続きます。
書類審査も中々通らず、運よく通ったとしても面接で落とされてしまう事は当たり前。
それを繰り返して行くうちに、前の会社を辞めなければ良かった、
自分は社会に必要とされていない
など自己嫌悪に陥っていきます。

しかし、転職活動でそんなのは当たり前です。
一般的な数字を紹介すると、書類審査通過率は1割程度で、
面接の通過率は2~3割程度といわれております。
つまり、1社から内定をもらうためには、
50社くらいに応募しなければいけないということです。
もちろん、これは平均的な数字ですので、
これよりも数多く応募しなければいけない方もいますし、
少ない方もいるでしょう。

ここで重要なのは、審査に落ちるたびに凹まず、前を前を向いて行動するということです。
審査に通らないのはあなただけではなく、ほとんどの方があなたと同じ経験をしています。
50社受けて内定をもらえなければ、100社受ければ良いのです。
そのくらいの気持ちがなければ転職することは厳しい時代です。

また、面接に落ちてもめげずに前に進んでいける方というのは、
面接の時にパワーを感じ、
この人ならやってくれそうだという印象を持つこともあります。

実際に私が採用した方に入社後話を聞くと、
30社以上面接を受けて合格したのは内だけと言う方が結構いました。
その方達は、魅力的な経験やスキルがあるわけではありませんが、
面接時に何か意欲や積極性を感じたので採用しました。

しかもそうした方達の多くは、仕事を覚えるのが早く、物凄い勢いで力をつけて、
中には独立していった方もいます。

ですから、面接はとにかく数が重要です。
数を打つことで面接の精度も高くなり、いつか良い企業に出会えるはずです。
どんなに落ちても諦めず面接を受け続けてください。
それが転職活動を成功させるポイントかも知れません。

次のページ面接で落ちる典型例

関連ページ一覧

第1位 type転職エージェント
年収UPして転職可能

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 パソナキャリア
条件の良い求人が多数ある